金沢・能登の旅

暑さ厳しい今年の夏、始めから長女の習い事予定がハイペースに進んだ夏休み。頑張ったね。(母も送迎頑張ったわ)しばらく頭空っぽにして今年の夏は、家族で金沢・能登の旅へ。初めて北陸の地へ行きましたよ。
a0326649_01160534.jpg
情緒深いひがし茶屋街や主計町、花街の名残り、加賀棒茶のチーズケーキ、金箔のソフトクリーム、浅野川の夜景。
a0326649_16021231.jpg
近江町市場ではその場で岩カキを食べたり、みかんにストロー突き刺してジュースを飲んだり。暑いときは所々に置いてある大きな氷を触ったり。面白いなぁ、市場って。
a0326649_10523547.jpg
21世紀美術館では、不思議で楽しいものが多い中で、子どもたちがきれいな場所やアートなものや古いものを大切に見るマナーの練習にもなりました。
a0326649_23571922.jpg
雪の科学館。雪の研究を続けた中谷宇吉郎の想いが生きてる場所。子どもたちは雪の結晶のネックレスを作るワークショップ。きっと一時だけのものだけに尊いものもあるんだろう。母的にはここが好きでした。感覚的に。心にたくさん色をもらえた気がしました。
a0326649_23574307.jpg
福井まで移動して恐竜博物館。始め恐竜のうなり声に泣きそうになってたと思いきや動く肉食恐竜に大興奮の次女。恐竜の卵買わされました(汗)。
a0326649_23575567.jpg
のとじま水族館。イルカショーを見たあと次女が「ママ…」とおめめキラキラ、母嫌な予感。「イルカさんっていくらするの?」買えるかっ、てか飼えるか!ほんと生き物が大好きのようです。
a0326649_01412569.jpg
姉妹して「お泊まり」が楽しみだったという。写真は初日のホテルHATCHI。ホテルや温泉ではしゃぐ姿。どの部分がどんな風に思い出に積み重ねられていくんだろうな。

能登の塩、輪島塗りのお箸、九谷焼きの器。少しずつお持ち帰りできました。また思い出が暮らしを彩ってくれるよう。夫は子どもたちと私の行きたい所を車でたくさん回ってくれて、ほんと感謝。結婚前はこんなにマメじゃなかったから嬉しい誤算かも?

雨の多いはずの金沢ですが今回は全く降らずでしたよ。うだるような強い日射しでしたが、喉元過ぎればなんとやら。ハイ、金沢・中能登、いい旅でした。

夏の始めの旅だったので、帰ってきてもまだ夏が残っている気がするのも嬉しいね。もう少し楽しみましょう。(…暑いけど)
[PR]
by camitureworks | 2016-08-03 23:58 | Daily 日常のこと。 | Comments(0)